オーストラリア体験記〜カジノ編〜

ポーカープレイヤーのみなさんお待たせしました。

今日はオーストラリアのカジノのポーカールームについて紹介します。
残念ながら僕はポーカーしかやってないのでその他のギャンブルについてはよくわかりませんので悪しからず。
普通にディーラーがディールしてるブラックジャック(確かミニマムベット$40とかで高い)やらルーレットやらもあったし、機械任せのもありました。サイドギャンブルについては以上。

まずはシドニーのカジノを紹介したいと思います。

一番有名なのはスターカジノですね。シドニーのカジノで一番賑わっています。(シドニーではスターカジノしか行ってないから他のカジノはよく知らない)

外観はこんな感じ

ネオンライトが綺麗。ちなみに中はそんなに大きくない。

 

そしてステークスですが、NLHDはミニマムが
2/3 buy-in $100~$500 rake10% max$10($150以上のポットの場合rake max$15)
です。
5/10/20とか上の方のレートに行くとrakeなしの代わりに$30/hourのタイムチャージが取られます。
まあ5/10/20の卓が立ってることなんて見たことないんですが
レーキ等に関しての最新情報は公式サイトを参照ください。
ちなみについ1ヶ月くらい前はrake capが$10で$5/hourのタイムチャージが取られていました。

プレイヤーの腕はミニマムステークスなことだけあって、弱いプレイヤーもそれなりにいます。もちろんそこそこ上手なプレイヤーもいるので、そういったプレイヤーとはできる限りOOPやマージナルなハンドでの対戦を避けましょう。

以下ステークスとレーキのまとめ。

 

 

余談ですが、語学学校で友達になった日本人が多分みんなも知ってる会社の社長息子で、カジノに通いまくってダイヤモンド会員になってたのでVIPルームに連れて行ってもらいました笑。
ちなみにメンバーズカードのランクはブロンズ<シルバー<ゴールド<ダイヤモンドです。いくら使ったんだあいつ。。。。
VIPルームではジュースやレッドブルはもちろん、ワインやビールなどのアルコールも無料で提供されます。一般会員は水もコーヒーもアルコールも有料。ちなみにアルコールは高い。

プチパーティ。全部タダ。

 

お次はメルボルンのカジノを紹介します。

外観はこんな感じ。

クラウンカジノ。スターカジノよりもカジノっぽさがある。

 

1/3をプレイしましたが、シドニー2/3と比べると結構ぬるかったような気がしました。(大して勝てていないが)

弱いプレイヤーを狙うという基本戦略はそのままです。
AKでSBから3betしてAハイのドライボードでフロップチェックしたらAToででトリプルバレルオールイン打ってくれるプレイヤーとかいるしね。アグレフィッシュが一番狩りやすいです。ハンドが来ないと厄介なことこの上ないですが。

 

ステークスとレーキは下の通りです。

firepoicatさんが行った時と比べて大分プレイヤーからエクスプロイトしていますね。
ちなみに公式サイトにはレーキとか書いていません。まあ書かない方がいいよね

 

とりあえず飛行機乗る前に公開間に合ってよかった!
ラスベガスにもまた行こうと思っているのでよかったら情報教えてくださいな!

ではでは!

「オーストラリア体験記〜カジノ編〜」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA